「会談成果は」との問いに北朝鮮団長「始まりがとても素晴らしい」=南北赤十字会談 (6/22)

「会談成果は」との問いに北朝鮮団長「始まりがとても素晴らしい」=南北赤十字会談

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0622/10215332.html

韓国と北朝鮮は22日、北朝鮮の金剛山での南北赤十字会談で、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会行事について論議している。

 南北はこの日午前11時45分ごろ、金剛山ホテルで赤十字会談2対2首席代表接触を開始した。これに先立ち、10時からは約45分間、全体会議がおこなわれた。

 首席代表接触には韓国側から朴庚緒(パク・ギョンソ)大韓赤十字社会長とキム・ビョンデ統一部人道協力局長が、北朝鮮側からは団長のパク・ヨンイル祖国平和統一委員会副委員長とハン・サンチュル赤十字会中央委員会委員が出席している。

 北・パク副委員長は会場入りする前に「会談の成果はあるか」との記者の質問に対して「うまく話し合われている。始まりがとても素晴らしい」と答えた。

 一方、南北はこの日、離散家族再会に向けた具体的な日程や規模などを重点的に話し合う見通しだ。