✸【ライターコラムfrom松本】「武神」が舞い降りた? “ツキ”を取り戻した永井龍、J2平定へ全開

ミキ 漫才 2018: https://goo.gl/Mk9Tua
✸【ライターコラムfrom松本】「武神」が舞い降りた? “ツキ”を取り戻した永井龍、J2平定へ全開
天性のストライカーが、その能力を新天地でも開花させようとしている。今季、名古屋グランパスから加入したFW永井龍。ケガの離脱が続いていたがようやく復帰し、6日の天皇杯2回戦では本来のポテンシャルを感じさせた。42分。スルーパスに反応して完全に裏を取り、ワントラップして鮮やかな反転シュート。ゴールから逆算された一連の動作には一切のよどみがなく、100%に近い状態に戻ってきていることは一目瞭然だった。「コンディション的にもだいぶ戻ってきたタイミングで天皇杯があって、久しぶりに長い時間(試合に)出ることができた。FWはああいうゴールを決めることでどんどん自信を持ってゴールにつながっていく。天皇杯ではあったが良かったと思う」  その口ぶりには一定の充実感がにじむ。ただ今季は今のところ、リーグ戦では思うような結果を出せていない。3月末の明治安田生命J2リーグ第6節レノファ山口FC戦で肉離れを起こしたのが、ケチのつき始めだった。ようやく復帰したと思いきや、練習試合で頭部を強打したり左手指の腱を痛めたり。誕生日のトレーニングでは足の甲を踏まれて途中離脱。「何だかツイてないんですよね……。お祓いに行こう…