米朝首脳会談に臨む北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党にとって、開催地のシンガポールは指導者にとって初の「遠出」だ。それだけに警備面が課題になるとみられるが、現地メディアの関心事のひとつが、2018年4月に板門

米朝首脳会談に臨む北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党にとって、開催地のシンガポールは指導者にとって初の「遠出」だ。それだけに警備面が課題になるとみられるが、現地メディアの関心事のひとつが、2018年4月に板門店で行われた南北首脳会談で正恩氏を警護した「12人組」。この12人は北朝鮮の中でもエリートだとされ、シンガポールでも警護を担当するとみられている。シンガポールでも「あの光景」は繰り返されるのか。:
https://www.j-cast.com/2018/06/08330924.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UCUwXFcM8cufpsO1m1tGyclg?sub_confirmation=1
   米朝首脳会談に臨む北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党にとって、開催地のシンガポールは指導者にとって初の「遠出」だ。それだけに警備面が課題になるとみられるが、現地メディアの関心事のひとつが、2018年4月に板門店で行われた南北首脳会談で正恩氏を警護した「12人組」。    この12人は北朝鮮の中でもエリートだとされ、シンガポールでも警護を担当するとみられている。シンガポールでも「あの光景」は繰り返されるのか。 南北首脳会談では「12人組」が注目を集めた。米朝首脳会談でも登場するのか(韓国政府ウェブサイトから) 正恩氏が乗るのはベンツかBMWか    南北首脳会談は板門店の韓国側の施設「平和の家」で行われたが、昼食は北朝鮮側の施設でとった。正恩氏は板門店内も北朝鮮の国章が入ったベンツの防弾仕様車「S600プルマン・ガード」で移動したが、そのベンツを12人の屈強なスーツ姿の男性が取り囲んで伴走したことが話題になった。    シンガポールのストレーツ・タイムズ紙は5月7日、ラジャラトナム国際研究院(RSIS)の研究員、ショーン・ホー氏の見解として、米朝首脳会談は北朝鮮にとって警備面でも新しい環境に置かれる、などと指摘。同氏は、3月の北京訪問時に自前のベンツで移動したことなどから、 と指摘した。    一方で、この記事では、ホスト国のシンガポールが提供した車両に正恩氏が乗る可能性も指摘している。その根拠は、シンガポール政府が6月30日まで、4台の車両については、特定の交通規則の適用対象外にする政令を出した、というものだ。この4台はBMWの防弾仕様の「760Liセダン」だという。正恩氏はベンツではなくBMWに乗る可能性がある、というわけだ。
#米朝首脳会談に臨む北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党にとって、開催地のシンガポールは指導者にとって初の「遠出」だそれだけに警備面が課題になるとみられるが、現地メディアの関心事のひとつが、2018年4月に板門店で行われた南北首脳会談で正恩氏を警護した「12人組」この12人は北朝鮮の中でもエリートだとされ、シンガポールでも警護を担当するとみられているシンガポールでも「あの光景」は繰り返されるのか
#シンガポール朝鮮労働党