♥【W杯日本代表取材コラム】ミュンヘン到着後、飛行機でバスで空港で…“50分3本勝負”

♥【W杯日本代表取材コラム】ミュンヘン到着後、飛行機でバスで空港で…“50分3本勝負”
2018年6月1日23時55分  スポーツ報知  サッカー日本代表のロシアW杯メンバー23人発表を前にした5月31日、成田空港を出発し、ヘルシンキ(フィンランド)経由でミュンヘン(ドイツ)入りした。1日の早朝にはミュンヘンからバスで日本代表の合宿地であるゼーフェルト入りするためだ。だが、そのミュンヘンで早くもアクシデントに見舞われた。  ミュンヘン空港へ向かって降下中の飛行機の中だった。一瞬、窓の外が光り、「パラッ」と音がなり、窓に水滴が降りかかった。そして、やや揺れを伴いながらミュンヘン空港に到着。ベルト着用サインも消え、みんなが荷物を持ち、飛行機から出ようと、通路で待っていた時だった。突然外は激しい雨。雷鳴がとどろいた。そして機内アナウンス。雷で外に出れないため、機内待機となった。  50分後、ようやく飛行機を脱出した。そして、飛行場のバス乗り場から空港ターミナルに向けて出発するバスに乗り込んだ。だが、今度はバスに乗った時点で、車内待機に。人がひしめく中、またもや50分待った。途中、客室乗務員が紙コップと水を持って乗り込み、喉の渇いた人たちに水をついでいた。そして天井からはまさかの…