トランプ大統領 北朝鮮との協議に前向きな考え示す(19/09/10)

北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官は「今月下旬ごろにアメリカと協議する用意がある」との談話を発表しました。トランプ大統領は協議に前向きな考えを示しました。 朝鮮中央通信は9日深夜、崔氏の談話を伝えました。「今月下旬ごろ、合意される時間と場所で、アメリカ側と我々が論議してきた問題を包括的に討議する用意がある」として非核化協議に応じる考えを示しました。一方で、「アメリカが古いシナリオを再びいじくり回すなら、朝米間の取引はそれで幕を下ろす可能性もある」とアメリカに対して一定の譲歩を求めました。トランプ大統領と金正恩委員長が6月に板門店(パンムンジョム)で会談して以降、アメリカと北朝鮮の対話は難航しています。 トランプ大統領:「何が起こるかはいずれ分かる。いつも言っているが、協議をすることは良いことだ。悪いことではない」 トランプ大統領は北朝鮮からのメッセージを「興味深い」と受け止め、協議に前向きな考えを示しました。トランプ政権は北朝鮮との協議が停滞していることにいら立ちを強めていて、一部のメディアは国務省が今月に開かれる国連総会で北朝鮮に圧力を掛ける新たな措置を取ることを検討していると伝えています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp