北朝鮮、台風13号 5名死亡 異例の災害報道 9/8

北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、7日午後から8日未明にかけて同国を通過した台風13号で、5人が死亡し、460戸余りの住宅と15棟の公共の建物が全半壊し、約4万6200ヘクタールの農地が浸水などの被害を受けたと伝えた。9日付の「労働新聞」も党や政府の幹部が被災地の復旧を指揮する様子を伝えた。北朝鮮はこれまで、自然災害について情報開示に消極的だったが、今回は異例の手厚い報道を続けている。

 朝鮮中央テレビも、強風で屋根が吹き飛ばされる映像などを交えて各地の被害状況を随時放送した。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は台風13号が北朝鮮に上陸する前の6日、党中央軍事委員会の非常拡大会議を招集し、党や政府幹部らの対応を「無為無策で旧態依然だ」と批判し、万全の対策を指示していた。北朝鮮は9日で建国71周年を迎え、結束を呼びかけるねらいがあるとの見方がある。

▶ 台風13号による被害が発生
(平壌9月8一発朝鮮中央通信)
 朝鮮で7日14時頃から8日0時の間に影響を与えた台風13号により被害が発生した。
 国家非常災害委員会に現在までに総合された資料によると、5人が死亡し、3人が負傷しダンハヨ病院で治療を受けている。

 全国的に210棟に460以上の世代の住宅と15同意公共の建物が完全と部分的に破壊されたり浸水された。
 4万6 200情報の農耕地で作物が倒れたり浸水や埋没された。
 被害が発生した地域では、その後遺症を行かれるための事業が積極的に進められている。