ビーガン北朝鮮交渉人「北との交渉失敗したらアジア諸国は核保有」

2019年9月6日、国務省対北朝鮮特別代表スティーブ・ビーガン氏は、米朝の交渉が失敗に終わった場合、韓国と日本をはじめとするアジア諸国の中で核武装論が提起される可能性を言及した。と聯合ニュースは報じた。記事によると
対北朝鮮実務交渉を導いてきたビーガン代表が公開席上でこの問題を取り上げたのは異例だ。北米実務交渉が再開の兆しを見せていない中での交渉が失敗状況の危険性を浮き彫りに、北朝鮮に交渉再開を促す一方、日韓の核武装に誰よりも敏感に反応する、中国の追加の役割を圧迫するためのものではないかという解釈が出ている。
ビーガン代表はこの日、母校の米ミシガン大講演でキッシンジャー元米国務長官との対話の中で印象深かったの部分を紹介し、「キッシンジャー博士は、私たちが今日、北朝鮮の核兵器を除去するために働いているが、このような努力が失敗した場合の後にはアジア地域の核拡散の課題に対応することになるだろうとした」と述べた。
彼は「隣国を脅かす能力を保有している北朝鮮は、50年以上構築された非拡散、国際規範を破る危険を冒すこと」と「アジアの多くの国が核兵器開発のための科学的手段と技術的な能力を持っている最中だ」と説明した。
また「彼ら(アジア諸国)はそのような(核)兵器保有が彼らの安全保障と国民に、より多くのリスクを生み出すことができるという判断をしてきた」とし「日本や韓国のような同盟は部分的に、米国との同盟関係に含まれてい拡張抑止の信頼に核兵器プログラムをやめた」と強調した。
ビーガン代表は「しかし、そのような(核)兵器が彼らの領土からわずか短距離弾道ミサイルの飛行距離にある場合はどのくらいこのような確信が持続するのか」とし「ある時点で韓国や日本、その他のアジア諸国の中で、彼ら自身の核能力を再考する必要があるかを問う声が出始めるのか」と述べた。
彼は続いて「その地域の国々が新しく、より危険な戦略的選択を検討するように圧迫する結果を回避する私たちは、東アジアの同盟とパートナーとして、シンガポール、北米サミットで提示されたビジョンを達成するために協力しなければならない」と強調した。
彼はまた、「いつも失敗に結果が伴う。私は、国際社会がこの日に失敗した場合、北朝鮮がアジアでの最後の核保有国ではないというキッシンジャー博士の言葉合うか懸念される」とし、北朝鮮に交渉復帰を促した。
ビーガン代表がキッシンジャー元長官の発言を引用する方法とはいえ、日韓などのアジア諸国の中で核武装論が提起される可能性を明らかに言及したのは、北米の交渉が成果を出せない場合の危険性を浮き彫りにし、北朝鮮に交渉を圧迫する一方、国際社会に北米交渉再開に向けた努力の強化を促す次元的に観測される。
特に、北朝鮮の強力な友邦であり、韓国と日本などの核武装に最も敏感に反応するしかない中国を狙って、北米交渉再開のための追加的な努力を圧迫したとみられる。
ビーガン代表はこの日の講演後、問答でも、北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)の開発を言及して “どの外交政策の専門家やいくつかの国家安全保障の専門家も、これは、地域のすべての国が降るの戦略的選択に圧迫されると言うだろう」と「これはすべての損害だ。私たちは、核保有国をより望ましくない。中国も、ロシアもそうだ」と説明した
また、「(対北朝鮮)政策の次元において、中国の役割は成功にとって非常に重要である」と、中国の役割を強調した。
米国は1978年、在韓米軍に配置した戦術核兵器を冷戦終息に基づいて、1991年に撤退しており、韓国に対する「核の傘」公約を維持している。などと報じた。